• お問い合わせ
  • ご注文方法について
  • 津乃吉の理念
  • 素材へのこだわり
  • 津乃吉自慢の製造工程
  • 津乃吉の「そとしごと」
  • 津乃吉食堂
  • 社長のつぶやき
  • facebook
  • 津乃吉の仲間たち
2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

実店舗休業日

休業日にいただいたご注文、お問い合せは翌営業日以降に順次対応致します。あらかじめご了承くださいませ。

10,000円以上お買い上げの場合、送料500円値引き。
130年の思想から生まれたちりめん山椒。

  
  • 新商品発売キャンペーン
  • この春、津乃吉の新商品が出来ました。
  • 無添加万能だし「京だし」関西テレビちちんぷいぷいに取り上げられ、1週間で8000本販売!

私のこだわりは、尋常ではありません。代表取締役 吉田和親

素材を活かすこと。それが津乃吉の信念です。おいしい素材を、おいしいまま提供することですべての人が幸せになれると思うからです。だからこそ手間を惜しまず、すべての素材をムダなく使い切ります。生産者の想いを台無しにしてはいけない。生活者の願いを叶えてあげたい。私は、その架け橋となってすばらしい食を提供し続けたいと思います。

津乃吉は佃煮は、季節が入っています。

保存のための佃煮はつくりません。素材を感じていただけるように、旨味を十分に引き出した佃煮を提供します。

重点はだしです。

津乃吉の物造りは"だし"を取るところから始まります。目指したのは子供達の朝ごはんに合う一品。母親が子供達の健やかな成長を願い、一日のスタートにふさわしいバランスの取れた朝ごはん。その為には、余分な物を使わず、成長に必要なカルシウム、ミネラル、食物繊維の豊富な食べ物。その一品に選ばれるよう心をくだき、出来上がったのが私たちの佃煮です。そして、これからの時代を見据え、老後を健やかに過ごす為の食べ物は、子供達の朝ごはんと同じ理念の食べ物であると気づきました。日本の伝統的食文化"だし"の文化とごはん食。私たちはこの二つを融合し古くて新しい食文化の発信をしていきたいと願っております。

津乃吉は、お米屋でした。

130年間。津乃吉の前身は、おいしいお米をみなさんに提供するお店を生業としていました。佃煮を始めたのは、そのごはんに合うおかずをつくりたいと思ったのがきっかけでした。お子様から大人まで、みんなに健康に食べていただきたい。私が提案するのはごはんを美味しく食べられる食です。

自然のものを、そのままいただく。私が薦める食の考え方です。

有機農産物を食べる。朝食をしっかり食べる。化学調味料を使わない。私が気づいたのは、やはり昔から言われている食生活でした。食をつくることは、その文化もつくること。私は強くそう思います。

このページの先頭へ

Copyright © 2011 株式会社津乃吉. All Rights Reserved